厚生労働省認定『かかりつけ歯科医機能強化型診療所』諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    精密部分入れ歯

    普段の治療内容は、国民の虫歯の現象から インプラントや歯の保存(根管治療・CR修復・歯の移植・歯周再生療法)が多いなかで もともとは、義歯専門の歯科医師として大学病院で学んできましたから 義歯治療に対する抵抗や苦手感はありません。   むしろに部分入れ歯(歯が数本残っている状態)はもっとも得意とする分野の1つです。 経歴にも書いてありますが義歯に関する書籍や論文もこれまで発表してきました...

    続きを読む

    歯科疾患と敗血症

    レミエール症候群を知っていますか。   レミエール症候群とは嫌気性菌による敗血症であり その中の症状の1つとして咽頭痛後に敗血症を起こした場合 抗生物質が普及した今も致死率は10%と高い確率を示しています。   また、そのレミエール症候群は、口腔常在菌の「フゾバクテリウム・ネクロフォラム菌」であることが明らかになっています。   さらにフゾバクテリウム属関連の報告にお...

    続きを読む

    口腔感染症は全身感染症

    お口のトラブル、原因は全身疾患になるかもしれません。 またその逆も然りです。   高齢化の進む日本において健康は国民が注目するトピックのひとつでです。 そんな中、科学雑誌のニュートンで(2019年9月号)口腔の健康と全身の健康について特集が組まれていました。   その中でも注目すべきだったのは 一定期間、山の中で先住民食(ナッツ・はちみつ・肉等)を食した集団の口腔の健康が ...

    続きを読む

    口腔内スキャナーを応用した審美修復

    口腔内スキャナーを用いて前歯のセラミックラミネートベニアの治療中の写真です。 右上の矮小歯と呼ばれる先天的に歯が小さい方に対して、歯を削らずセラミック修復を予定しています。     余談ですが、当院では2008年から口腔内スキャナーの導入を行なってきました。 しかし、精度が既存のセラミック修復に叶わないと判断し中断していました。。。   そこから数年が経過し、ここ1...

    続きを読む

    根管治療における難治性疾患に対して行なった外科処置

    血を見るのが苦手な方は読まないでください。   通常の根管治療にて根の病気が治らなかったり、膿がとまらない場合 外科治療で歯の内部の汚染を取り除きます。   多くのケースで感染源は歯の内部に存在することが多いのですが なんども治療を繰り返したきた歯には歯根の外や歯根の先端に感染源が取り残されていることがあり その場合は外科処置(外科的歯内療法)にて治療を行ないます。  ...

    続きを読む

    虫歯治療にCR修復を勧めるわけ

    虫歯になってしまった歯に対して残存歯の量が多い場合、 当院ではCR修復と呼ばれるプラスチック治療を第一選択として勧めています。 これまでは、このような虫歯の場合、セラミックで修復することが一般的でしたが CR修復の精度とCRの材質の向上によって良好な予後を得られるようになってきました。   虫歯除去 CR充填後 使用シェード (A2Bフロー A2E オクルーザルエナメル ホワイトホワイ...

    続きを読む

    3Dプリンタで作成したステントでインプラント手術

    先ほど、インプラントオペが無事終わりました。 使用したインプラントは2本で治療時間は25分です。   事前に骨増生を行なっていましたのでスムーズに処置を終えることができました。   今回の処置ではTrios3のデジタルデータを使用して模型レスから 3Dプリンターを使用してステントを作成しています。(制作者:KNデンタルラボ) おそらく口腔内のデジタルデータと3Dプリントのみでス...

    続きを読む

    日本顎咬合学会 学術大会 ポスター発表

    6/22  6/23の二日間に渡り開催されました 日本顎咬合学会 学術大会に参加してまいりました。   今年は聞くだけでなく すれ違い咬合とテレスコープ義歯をテーマに ポスター発表させていただきました。 そして、学会の準備から日々の臨床をさせてくれるスタッフには心から感謝です。     また、てんとう虫スタディーグループで、後輩ではありますが私が尊敬する小西先生が...

    続きを読む

    破折ファイル除去から始める根管治療

    当院が力を入れている治療の1つ、根管治療でよく目にするのが 根管内のファイル破折です。 破折ファイルがあると必ず根尖病巣ができるというわけではありませんが 根管内に汚染除去用の器具が残存している事は再発のリスクとなります。 写真の様に根管内に破折ファイル(左の穴の真ん中にあるキラリ光る点)を治療中に見つけるのですが これを取り除くにはコツがあります。   コツを掴めば超音波ファイルと...

    続きを読む

    口元で変わる見た目

    先日行われた日米首脳会談が終わり、日米で貿易や様々な議論が行われたと感じられるニュースが 多々報道されていました。   そんな中、日本経済新聞では『異例の4日間 日米蜜月を見せつけたトランプ外交 』との見出しで 掲載されていました。   それと合わせてネットに出ていた写真、おそらくゴルフ場での写真かと思われます。 非常に仲の良さそうな写真ですが、我々歯科医師がいつも気にするのは...

    続きを読む

    1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 18

    カテゴリー