諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    諸隈歯科医院の抜歯基準

    歯科医院で抜歯を勧められる事は、よくあります。 では抜歯をどのような基準で判断しているのか。   以下は 諸隈歯科医院が抜歯の際に採用している 抜歯判定基準です。 引用文献;Gustavo Avila, Pablo Galindo-Moreno, Stephen Soehren, Carl E. Misch, Thiago Morelli, and Hom-Lay Wang. A nov...

    続きを読む

    緊急事態宣言中の対応

    1月7日に緊急事態宣言が一都三県に発令されました。       当院では 不要不急な処置を除いて 初診で被せ物が取れた、腫れて痛みのある方や、継続して処置が必要な方の診療を行なっております。   診療に際しましてはスタンダードプリコーションの徹底のもと 「密をさけた診療体制」 「消毒滅菌の徹底」 「手指消毒」 「換気」 を継続して行なってまいります。 &nb...

    続きを読む

    歯科治療におけるデジタル活用 progressing digital dentistry

    歯科治療におけるデジタル技術の活用の機会が どんどん増えてきています。 10年前と今では、技術の飛躍は凄まじく 毎年新しいソフトウェアの開発やアップデートがなされています。   当院は、2006年にデジタルを取り入れていて その際は口腔内スキャナーのみでしたが、 現在は 最新の口腔内スキャナー(trios) マイクロCT 顎機能検査装置 jow motion analysis (zebr...

    続きを読む

    今年最後の診療日 来年もよろしくお願いいたします。

    コロナであっという間の一年でしたが 来院してくださる患者さんの健康のために 来年も一生懸命、誠心誠意、治療を行なっていくますので よろしくお願いいたします。   最終日の今日は、治療がひと段落した患者さんがいらっしゃいまして 「お口のコンプレックスから解放された」と 歯科医師冥利につきる声も聞くことができ 良い年を迎えられる気がします。 治療期間:約2年半 歯周治療・根管治療・矯正治療...

    続きを読む

    論文掲載 日本顎咬合学会 咬み合わせの科学 vol.40 No.30 p253-261

    コロナが蔓延する前の日本顎咬合学会 学術大会2019にてポスター発表した内容が この度論文として日本顎咬合学会 咬みあわせの科学にて掲載されました。 ポスター発表後に学会から論文の依頼があり、約半年間かけて臨床の合間を見つけて作ってきました。 論文作成にあたって、サポートいただきました 亀田行雄 先生はじめ てんとう虫SGの会員の先生方には 大変、感謝申し上げます。   今後も歯科治...

    続きを読む

    噛み合わせから歯周病と糖尿病の関係を改善する

    ある雑誌で糖尿病と歯周病の関係について特集が組まれていました。 昔から糖尿病と歯周病には相関関係があることは知られており 歯周病の改善は糖尿病の悪化を防ぐということです。   では、それに対して歯科からできるアプローチは 歯周病治療だけなのかとなると 答えはNOです。   歯周病は歯ブラシをきちんと行って、定期的な歯科を受診すれば ある程度コントロールできますが 噛み合わせ由...

    続きを読む

    破折ファイル除去 - broken file remove –

    長年体内に置かれた破折ファイルの除去が 根尖病巣の原因となりこの度治療が必要となりました。   この方、自分が大学病院勤務時代から診ている患者さんで、 初診時から破折ファイルを認めていたのですが根尖に透過像や症状を認めなかったため ずっと経過観察となっていました。 前歯の再治療が必要となり、合わせて破折ファイル除去を行うこととなりました。 おそらくリーマーだと思われますが 長さ2.0m...

    続きを読む

    顎関節治療について

    千葉で学校歯科医として10代のお口の中を見て思うことは 虫歯は減ったな、と。 けど、歯並びが悪い子が増えている気がします。   歯並びの悪さは、結果的に顎関節症につながる可能性があります。 顎関節症の症状で分かり易いのが2つです。 1 口が開かない(口を思い切り開けて入る指が2本程度で、だいたい25mm前後) 2 口は開くけど顎がゴリゴリ・コリコリ、カクカク音がある 顎関節は、 下顎の下...

    続きを読む

    新たにドイツ製の咬合器を導入

    新たな咬合器を導入しました。   これまでは大学教育でも使用したプロアーチを使用していたのですが 顎関節治療とデジタル解析結果を咬合器に再現するには 色々と調査した結果、この一択しかありませんした。   アマンギルバッハ(Amann Girrbach)社はドイツの会社で 古くから咬合に精通した技術力と、近年目覚ましい発展を遂げているデジタル歯科技工にに精通した会社です。 ze...

    続きを読む

    根管治療/破折ファイルの除去

    お口の治療でトラブルの3大原因は 虫歯 歯周病 噛み合わせ(咬合) だと考えています。   そこでお口の健康を保つために当院では 徹底した虫歯治療と予防管理 矯正治療による噛み合わせの改善 入れ歯やインプラントによる噛み合わせの回復 顎関節診断による顎関節治療 に注力しています。     話は変わりますが、 銀歯やセラミックなどの被せ物にどれほど精度の高いものを装着し...

    続きを読む

    1 2 3 4 5 13

    カテゴリー