厚生労働省認定『かかりつけ歯科医機能強化型診療所』諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    諸隈歯科医院 公式you tube はじめます

    諸隈歯科医院 公式you tube はじめます。 治療の解説を治療の特徴も踏まえて これまでは写真と文面だけで行っていましたが 今後は動画も添えていけたらと考えています。 動画は基本的に大きな加工はせずに余分な部分のトリミングと倍速再生となります。 基本的に長めの動画となりますが、これから顕微鏡を用いて治療をしたい、受けたい方の参考になれば幸いです。 公式インスタグラムでは なかなか動画で治療の記...

    続きを読む

    根管治療は治療前の準備が大切

    根の病気(根尖病巣)は、病態として歯を支える顎の骨を 骨の内部から溶かしていく病気で 長期間放置しておくと嚢胞化したり骨髄炎を併発して手術が必要になったりする場合があります。   もともとの原因は虫歯ですが 虫歯が進行して根尖病巣を併発した場合、 歯周病のように歯ブラシだけではどうにもならず、必ず治療が必要です。   根管治療を行う際は、その精度や緻密さが重要です。 根管治療は...

    続きを読む

    矯正の種類について

    諸隈歯科医院では主に院長の私が矯正治療に行っており 矯正治療だけでは治すことのできない複雑な病態に対しても 機能回復に向けて包括的なプランを提示しつつ 患者さんのニーズにあった治療を提案させていただいております。   また、矯正治療とその他の治療を緻密に組み合わせることで 噛み合わせの不快症状や顎関節症の改善にも対応しています。   矯正治療は大まかに以下に示す三種類の方法が挙...

    続きを読む

    OJ 年次ミーティング 2021

    2021 6/28にアクトシティ浜松コングレスセンターで開催された Osseointegration study club of Japan (OJ)で 今年のミッドウィンターミーティングでの発表が認められ 正会員認定していただきました。 OJは日本でトップクラスのインプラント治療を行う歯科医療従事者の集まりであり インプラント治療における功績が認められると正会員になれる非常にレベルの高い学会で...

    続きを読む

    根充材の劣化及び破折ファイルによる根管感染のリスク

    根管治療(根の治療)を行う際 過去に根管治療を受けた歯の再治療を行なっていくと ガッタパーチャポイントが感染を起こしてボロボロに劣化・変色しているケースを多々認めます。   比較的新しい海外の論文(review)をざっとみてみると 詳しい手技までは読んでいませんが 従来の根管治療の成功率は70.9%〜83%とされています。 Outcomes of nonsurgical retreatm...

    続きを読む

    当院を受診される患者様へ

    諸隈歯科医院を受診される患者様へ 当院の診療方針をご説明させていただきます。   強い痛みや外傷による歯の脱臼や破折などの応急処置が必要とされる患者様を除き 初診時及び再初診時は以下の4つを実施しております。   1:徹底した問診 2:患者様資料(口腔内写真・レントゲン写真、噛み合わせの簡易評価・顎関節の状態評価)収集 3:評価に基づいた状態説明 4:簡易的な治療計画の概要を複...

    続きを読む

    セラミックとインプラントによる審美性改善と機能回復- Full Mouth Reconstruction –

    部分的な治療を繰り返しているうちに口腔内全体のバランスが徐々に失われ いつの間にか崩壊直前まで悪化している、といった問題に悩まれていらっしゃる患者さんを 当院ではゼロから再構築し、噛み合わせから見た目まで徹底した治療に取り組んでいます。   治療前 奥歯を部分的に失い歯並びもアンバランスな状態で、上手く噛むことも難しい状況でした。   JMTシステムを応用し、顎関節と噛み合...

    続きを読む

    パラレルミリングデンチャー(Milling denture)で笑顔と美味しい食事を!

    歯が無くなった際に 治療方法は義歯・インプラント・ブリッジ・歯の移植 の4通りがあります。   個人的には歯が無くなった際は、可能であれば歯の移植がファーストチョイスで、 セカンドチョイスがインプラントです。   しかし、治療費や身体の状態からそれらが選択できない時は 義歯となる場合が多いですが その際、重要となる治療計画において考慮する必要があるのが 残せる歯の選定と義歯の設...

    続きを読む

    第38回日本顎咬合学会学術大会・総会 ポスター発表

    去年、コロナウイルスの関係で中止となった学会で発表予定だったケースについて 今年再度発表させていただきます。   例年と異なり、オンデマンド配信のため 会場で皆様に詳細をご説明することはできませんが ご興味のある方は学術大会のHPから閲覧することができます。   ポイントはデジタルを用いた咬合再構成となっており 顎関節の改善も含め、インプラントとセラミック修復を合わせたプレゼン...

    続きを読む

    フェイススキャンで顔貌と調和したインプラントへ

    デジタル技術の発展は凄まじいですね。 少し残念なのが、この世界的なデジタル化の流れに対して 日本の歯科がガラパゴス化してきていること。。   もう口の中だけを見たり顔の写真(2次元)を参考に治療することは過去の話で 顔貌をスキャンしてパソコン上で3次元的に 歯も顔貌も調和した歯を作れるようになっています。   これら最新技術に対応できる対応できる歯科技工士は 全国でも多くありま...

    続きを読む

    1 2 3 4 5 6 7 8 17

    カテゴリー