諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    Aesthetic Compsite Resin Restration 審美的CR修復

    虫歯を審美的にも治したい方でにオススメです。 古いCRがかなり劣化しています。 患者さんと話し合い、最小限の歯の侵襲を選択し、CR修復とさせていただきました。   治療の特徴として メリット 1日で治療が終わること 歯を削る量が最小限であること デメリット CRはプラスチックなので経年劣化がセラミックより早いこと 手入れがうまくいかないと経年的に変色すること   無事、良好に...

    続きを読む

    審美と機能を持ち合わせたCR修復

    CR修復は当院の強みの一つでもあります。   以前からブログでも書いていますが CRの強みはブラッシングしてプラークコントロールさえ出来ていれば 歯の保存と金属アレルギーのリスク軽減の観点で非常に有効な処置だと思います。   今回も金属修復の内面および境目が二次虫歯になったケースです。 この金銀パラジウム合金は世界中でも日本だけ戦後の経済事情から使用されてきた金属修復で 本来は...

    続きを読む

    小さな虫歯にはプラスチック(composite resin)修復を 

    小さな虫歯を大きく削って治療する必要はありません。   また歯の残存歯質量が一定以上残っていれば咬合に寄るレジンの磨耗は最小限に抑えられますし どうぢてもレジンがすり減ったり、二次う蝕(虫歯)や歯が欠けてしまってからセラミックで治療をすればいいと思います。 ただ、現在のレジンは開発が進んでいてそう簡単にすり減ったり欠けたり虫歯になったりしないと思います。 虫歯の取り残しやブラッシングがで...

    続きを読む

    虫歯治療にCR修復を勧めるわけ

    虫歯になってしまった歯に対して残存歯の量が多い場合、 当院ではCR修復と呼ばれるプラスチック治療を第一選択として勧めています。 これまでは、このような虫歯の場合、セラミックで修復することが一般的でしたが CR修復の精度とCRの材質の向上によって良好な予後を得られるようになってきました。   虫歯除去 CR充填後 使用シェード (A2Bフロー A2E オクルーザルエナメル ホワイトホワイ...

    続きを読む

    歯も神経も残した治療。

    虫歯になった際の歯の治療の選択肢は多岐にわたります。 諸隈歯科院では、歯質の量が多く残っている場合、CRを勧める場合があります。 また、歯の神経が残っており、炎症が歯の一部までしか波及していない場合は、断髄と呼ばれる歯の神経の温存療法を併用して行うことがあります。   今回は噛み合わせが原因で、歯にヒビが入りそこから虫歯になってしまったケースです。 歯髄診断を行なったところ、可逆性歯髄炎...

    続きを読む

    CR充填のミソ

    CR充填には様々な方法があります。 その中には、茶色などのカラーリング材を溝に入れる方法で歯の自然観を表現する方法があります。   しかし、諸隈歯科医院ではカラーリング材で歯の色調を表現することはほとんどありません。 歯が持つ本来の象牙質・エナメル質の質感や形態を再現してあげれば、ほとんどのケースで綺麗な歯を作り上げることは可能だと考えています。   こちらは最近ふらっと立ち寄...

    続きを読む

    精密CR充填

    過去にセメントにて虫歯処置を終えられた方が 再治療を希望して来院されました。 治療のコンセプトは 歯を極力削らないこと。 見た目を自然な感じに回復させること。   治療前 セメントと虫歯の除去 CR充填直後。 歯が乾燥しているので多少は色調にズレがありますが 口の中で湿潤城田になると色はだんだんと馴染んできます。 1週間後、研磨と咬合調整を行なった直後です。 機能性・審美性共に良好...

    続きを読む

    1日で金属修復からメタルフリーへ

    上の奥歯が二次虫歯だったため、1日で虫歯を除去し修復を終えました。 歯がしみるとの事で、金属を除去すると案の定虫歯がありました。 残った歯を極力温存した状態でマイクロスコープとコンポジットレジンにて修復を行ないます。 治療のキモは、歯を極力削らない事。 防湿といってゴムのシートで乾燥状態を作り出し、コンポジットレジンの接着阻害因子を最小限にする事。コンポジットレジンは樹脂なので、イメージ的にはサウ...

    続きを読む

    CR(プラスチック)による審美修復

    昔詰めた詰め物のキワから虫歯が進行してしまい、審美(見た目)を気にされている方が当院によく来院されます。 このかたもそんな一人です。 特に右上の前歯の虫歯が進行しています。 こんな時、虫歯の大きさによって、セラミック修復(ラミネートベニア、セラミッククラウン)、CR修復(プラスチック)が選択肢として挙げられます。 この場合、残存歯質量が多かったため、残った歯を極力削らないというコンセプトのも...

    続きを読む

    歯髄の温存と歯の削除量を最小限に行なったCR充填

    虫歯に対する処置は様々ですが 歯は失ったら戻りませんので 可能な限り低侵襲な治療を心がけれおります。   この治療もそんな方法の一つです。 ...

    続きを読む

    1 2

    カテゴリー