諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    長くなった犬歯の審美改善(root cover +CR)

    歯茎周辺の虫歯治療の際、 プラスチックで治療を繰り返したり ブラッシング圧が過度に強かったりすると 歯が長くなってしまう場合があります。   今回は左上の犬歯の歯茎が長くなり見た目が気になるので改善したいと来院されました。   リグロスと結合組織移植術(歯肉溝切開のエンベロープ形成→懸垂縫合)にて処置を行い 上皮がダウングロースしないセメントエナメルジャンクション付近はCR...

    続きを読む

    3Dプリントの精度

    デジタルが歯科業界に浸透してきているなか その精度について疑いがありました。   先日、口腔内スキャンをすでに導入してある3shapeのTrios3で行い、 茨城のKNデンタルにて3Dプリントをして検証しました。 その写真がこちらです。 精度は10ミクロン単位まで突き詰めることができるとのことなので 研究用模型や矯正用の診断模型としての活用は十分可能と判断しました。 おそらくこの精...

    続きを読む

    日本歯科衛生士会 第14回学術大会

    当院歯科衛生士が9/14から9/16まで名古屋で開催された 日本歯科衛生士会 学術大会にてポスター発表を行いました。 大学の指導医のもと 「高速コントラアングルの切削音で脈拍数が減少する -エアータービンハンドピースとの比較-」 について発表させていただきました。 ポスター賞候補にもなり、後日発表されるとのことですが非常に楽しみです。 今回初めて衛生士学会に参加してみて 参加者はおよそ200...

    続きを読む

    Aesthetic Compsite Resin Restration 審美的CR修復

    虫歯を審美的にも治したい方でにオススメです。 古いCRがかなり劣化しています。 患者さんと話し合い、最小限の歯の侵襲を選択し、CR修復とさせていただきました。   治療の特徴として メリット 1日で治療が終わること 歯を削る量が最小限であること デメリット CRはプラスチックなので経年劣化がセラミックより早いこと 手入れがうまくいかないと経年的に変色すること   無事、良好に...

    続きを読む

    口腔内写真用カメラを追加

      口腔内を写真として記録するための一眼レフを追加導入しました。 右が以前使用していたCanon、左が新しいNikonです。   仕様は カメラ Nikon D750 レンズ Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED フラッシュ Nissin MF18 デジタルマクロ 露出モード マニュアルモード 絞り F22 シャッタースピ...

    続きを読む

    審美と機能を持ち合わせたCR修復

    CR修復は当院の強みの一つでもあります。   以前からブログでも書いていますが CRの強みはブラッシングしてプラークコントロールさえ出来ていれば 歯の保存と金属アレルギーのリスク軽減の観点で非常に有効な処置だと思います。   今回も金属修復の内面および境目が二次虫歯になったケースです。 この金銀パラジウム合金は世界中でも日本だけ戦後の経済事情から使用されてきた金属修復で 本来は...

    続きを読む

    口腔内の発がん性物質と舌の細菌数に関連

    口腔内の発がん性物質「アセトアルデヒド」の濃度と舌表面の細菌数や種類に関連があることが 岡山大学の研究グループの調べによってわかったことが明らかになりました。 「Journal of Applied Oral Science」2019/6/13   これまでの研究でアセトアルデヒドと舌苔の付着面積に関連があることはわかっていましたが 実際の細菌数や種類との関係については知られていませんで...

    続きを読む

    BLS講習会

    昨日スタッフ同伴のもとBLS講習会を受講してまいりました。   昨今、更なる高齢化やAEDの普及により、 救命救急の適切な対応は医療従事者として必要なスキルの一つだと考えています。   講習会では成人から、小児・乳児までの救命救急について実習形式で学び またその際に必要なチームダイナミクスについて学ぶことができました。 ...

    続きを読む

    前歯の矮小歯に対する審美的セラミック治療

    矮小歯を知っていますか? 矮小歯とは先天的に歯の大きさが小さくできた状態の歯のことを指します。 噛み合わせに問題がなければ特に治療する必要はありませんが 審美的に左右非対称が気になっていいたり、 これから示すケースのように開咬で前歯が当らず矯正治療を必要とするケースでは治療が必要です。 今回は矯正で開咬を修正するためにスペースの確保が必要であったため審美改善も含めて セラミックラミネートベニアを前...

    続きを読む

    小さな虫歯にはプラスチック(composite resin)修復を 

    小さな虫歯を大きく削って治療する必要はありません。   また歯の残存歯質量が一定以上残っていれば咬合に寄るレジンの磨耗は最小限に抑えられますし どうぢてもレジンがすり減ったり、二次う蝕(虫歯)や歯が欠けてしまってからセラミックで治療をすればいいと思います。 ただ、現在のレジンは開発が進んでいてそう簡単にすり減ったり欠けたり虫歯になったりしないと思います。 虫歯の取り残しやブラッシングがで...

    続きを読む

    1 2 3 4 5 10

    カテゴリー