諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU

矯正歯科

Orthodontic dentistry

矯正治療の目的は、「機能回復」「衛生環境改善」「見た目の改善」の3点です。
自身の歯を長く保たせるには、噛み合わせや歯並びを治して、口腔機能や口腔衛生環境の改善を試みる必要があります。矯正治療はその一環です。
当院では矯正専門医による無料相談日を設けていますのでお気軽にご相談ください。

矯正歯科Orthodontic dentistry

小児から矯正を考える場合、最適なタイミングは小学校低学年(7~9才)です。その時期になると前歯の永久歯が生えてくるため、その永久歯をもとに統計学的に骨格の大きさと歯の大きさのバランスを予測することが可能です。また、成長とともに歯を移動させる点、骨の硬さも柔らかい点から、歯が動きやすく、治療費や治療期間が短くなる場合がございます。

成人矯正も行っています。歯の配置が難しくなってしまったケースに対しては矯正をしてから歯の治療を行った方が歯が長持ちする可能性が飛躍的に高くなります。治療の必要性や状態については資料をもとにご説明させていただきます。

矯正装置の種類Types of orthodontic appliances

マルチブラケット
マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。

リンガルブラケット
リンガルブラケット

歯の裏側に装着するため、装置を表に見せずに治療が行える矯正装置です。目立ちにくいため、成人の矯正が増えるにつれて需要が高まっています。表に装着するブラケットよりも価格は比較的高く、装置の調整には時間がかかります。

床矯正
床矯正

床矯正とは、床(しょう)と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に絞めていくことで歯列の幅を広げていく方法です。歯列を広げて整えるので抜歯をする必要がなく、装置は取り外しが可能なので、食事や歯磨きがしやすいのが特徴です。特に顎が成長段階の子供の矯正に適しています。

インビザライン
インビザライン

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。