諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU

保存歯科

Conservative dentistry

天然の歯に変わるものはありません。永久歯は生え変わることもありません。唯一無二の自身の歯を大切にしてください。食事は歯がなければ美味しくいただくことができなくなり、長期的には栄養不足や栄養バランスの崩壊で知らぬ間に健康を害してしまっている場合があります。手遅れになる前に、歯をきちんと治してください。
あなたの歯を残したい気持ちを当院では尊重いたします!!
美しい歯を取り戻しましょう!

歯の移植(一部、健康保険適用外)Dental implantation

インプラントの前に考えてください!!
親知らずや矯正治療の際いらなくなった歯をすでに歯がないところに移植する方法です。

むし歯(一部、健康保険適用外)A denture

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症し腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

歯内療法(一部、健康保険適用外)Dental treatment

歯の修復(セラミック・コンポジットレジン)Dental restoration

噛み合わせ説明
修復の仕方

噛み合わせEngagement

噛み合わせが悪いと歯にかかる負担が大きくなります。
他にも汚れがたまりやすく歯周病やむし歯のリスクも高くなる傾向にあるでしょう。
噛み合わせは衛生面と見た目の改善に有効ですが、症例によっては矯正治療を伴わなければ改善が難しい場合があります。

かみ合わせが悪いことによって発生する問題

  • 歯みがきなどのケアが上手にできなくなり、むし歯や歯周病になりやすくなる
  • 上手に噛めなくなり、胃腸への負担がかかる
  • 顎関節症になりやすくなる
  • 全身のバランスが悪くなり、頭痛や肩こりなどになりやすくなる

歯周病治療Periodontal disease treatment

歯周病の症状

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の進行

軽度歯周病
軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度歯周病
中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病
重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

外傷(歯が折れる/歯が抜ける)trauma

アクシデントで歯が折れたり抜けるなどの外傷で歯が抜けたり折れたりした時も諦めないでください!
ぬるい(体温)牛乳に入れて歯を歯科医院に持ってきてください。(最短で)

注意点としては、取れた歯をゴシゴシ洗わないこと。歯の周囲に貴重な細胞がくっついている場合があります。
処置がうまくいった場合は歯がくっついてくれるでしょう。