諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    第38回日本顎咬合学会学術大会・総会 ポスター発表

    去年、コロナウイルスの関係で中止となった学会で発表予定だったケースについて 今年再度発表させていただきます。   例年と異なり、オンデマンド配信のため 会場で皆様に詳細をご説明することはできませんが ご興味のある方は学術大会のHPから閲覧することができます。   ポイントはデジタルを用いた咬合再構成となっており 顎関節の改善も含め、インプラントとセラミック修復を合わせたプレゼン...

    続きを読む

    論文掲載 日本顎咬合学会 咬み合わせの科学 vol.40 No.30 p253-261

    コロナが蔓延する前の日本顎咬合学会 学術大会2019にてポスター発表した内容が この度論文として日本顎咬合学会 咬みあわせの科学にて掲載されました。 ポスター発表後に学会から論文の依頼があり、約半年間かけて臨床の合間を見つけて作ってきました。 論文作成にあたって、サポートいただきました 亀田行雄 先生はじめ てんとう虫SGの会員の先生方には 大変、感謝申し上げます。   今後も歯科治...

    続きを読む

    歯科衛生士が学会賞を受賞!!!

    自分で言うのもなんですが 当院には自慢できるスタッフが皆さんをお待ちしております   いつも私の仕事を精力的にサポートしてくれて みんな熱い情熱とプライドを持って仕事に取り組んでくれています。   そんなスタッフの1人がこのたび 日本歯科衛生士学会で表彰されました!!!!! 日頃頑張ってくれているスタッフが表彰されたことに感激です。     私もこれを見て...

    続きを読む

    てんとう虫zoom例会開催

    コロナの影響で中断していたスタディーグループの例会がzoom形式で再開することができました。 2月から中断されていた定例会による症例発表が再開された事はとても嬉しく 久々にいつものメンバーと熱い議論を交わせた事は非常に有意義でした。 コロナ自粛前は毎月複数回会っていた先生方だけにzoomとなると 最初は違和感がありましたが議論が白熱してくるといつもの感じで安心しました。   このような...

    続きを読む

    TMSI てんとう虫セミナー年間コース

    今年も一年を通じて 若手歯科医師の先生を対象とした てんとう虫スタディーグループ主催のコース(TMSI)が開始となりました。 第一回は診断と咬合採得でした。 昨年から、さらにバージョンアップした内容となっております。 受講生お一人お一人に親身に実習と講義の内容をお伝えできたらと思います   一年間よろしくお願いいたします。 ...

    続きを読む

    日本歯科衛生士会 第14回学術大会

    当院歯科衛生士が9/14から9/16まで名古屋で開催された 日本歯科衛生士会 学術大会にてポスター発表を行いました。 大学の指導医のもと 「高速コントラアングルの切削音で脈拍数が減少する -エアータービンハンドピースとの比較-」 について発表させていただきました。 ポスター賞候補にもなり、後日発表されるとのことですが非常に楽しみです。 今回初めて衛生士学会に参加してみて 参加者はおよそ200...

    続きを読む

    口腔内の発がん性物質と舌の細菌数に関連

    口腔内の発がん性物質「アセトアルデヒド」の濃度と舌表面の細菌数や種類に関連があることが 岡山大学の研究グループの調べによってわかったことが明らかになりました。 「Journal of Applied Oral Science」2019/6/13   これまでの研究でアセトアルデヒドと舌苔の付着面積に関連があることはわかっていましたが 実際の細菌数や種類との関係については知られていませんで...

    続きを読む

    日本顎咬合学会 学術大会 ポスター発表

    6/22  6/23の二日間に渡り開催されました 日本顎咬合学会 学術大会に参加してまいりました。   今年は聞くだけでなく すれ違い咬合とテレスコープ義歯をテーマに ポスター発表させていただきました。 そして、学会の準備から日々の臨床をさせてくれるスタッフには心から感謝です。     また、てんとう虫スタディーグループで、後輩ではありますが私が尊敬する小西先生が...

    続きを読む

    IARDPの書籍が韓国語翻訳され出版

    所属するてんとう虫スタディーグループのメンバーで書いた書籍が海外でも評判で この度韓国語に翻訳され出版される運びとなりました。 IARPD(implant assisted removable partial denture)と呼ばれる インプラントを応用した入れ歯について詳細が書かれた内容となっております。   韓国は歯科医療が進んでいる国として知られており その韓国で我々が書いた...

    続きを読む

    デジタル技術の進化で精密診断が可能に

    デジダル技術の発展による恩恵が歯科界でもどんどん広がっています。   フェイススキャン動画 *動画を見るには上記をクリック!   先日、フェイススキャンのデモをある業者に来ていただき実際に体感したのですが そのインパクトの大きさに驚きを隠せまでんでした。 このようなデジタル技術の発展による影響は今後さらに加速して行くと思われます。   そして、このフェイススキャンの応...

    続きを読む

    1 2

    カテゴリー