諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    IARDPの書籍が韓国語翻訳され出版

    所属するてんとう虫スタディーグループのメンバーで書いた書籍が海外でも評判で この度韓国語に翻訳され出版される運びとなりました。 IARPD(implant assisted removable partial denture)と呼ばれる インプラントを応用した入れ歯について詳細が書かれた内容となっております。   韓国は歯科医療が進んでいる国として知られており その韓国で我々が書いた...

    続きを読む

    デジタル技術の進化で精密診断が可能に

    デジダル技術の発展による恩恵が歯科界でもどんどん広がっています。   フェイススキャン動画 *動画を見るには上記をクリック!   先日、フェイススキャンのデモをある業者に来ていただき実際に体感したのですが そのインパクトの大きさに驚きを隠せまでんでした。 このようなデジタル技術の発展による影響は今後さらに加速して行くと思われます。   そして、このフェイススキャンの応...

    続きを読む

    TMSI主催 インプラントコース

    TMSI(てんとう虫セミナー2019 5/12インプラント) 先日、市ヶ谷で開催されたてんとう虫セミナー インプラントコース 無事終了しました。 小林友貴先生をはじめとする講師総出のノンストップ一日コースでした。 インプラントの準備から、補綴までを1日に凝縮した内容です。   受講生の熱意もかなりのもので、それに応えるために我々も精一杯サポートさせていただきました。 受講生一人一人に細や...

    続きを読む

    理念の共有と確認

    本日は、ダスキンに院内クリーリングを行ってもらっている間に 新入スタッフである歯科衛生士さんと我々で日々の仕事についてミーティングを行い 医院理念の共有・仕事内容の確認など、情報共有を行いました。 毎日朝礼と終礼を行なっているのですが 年度末の節目で、このようにチーム全体で日々の振り返りを行えたことは 仕事に対する姿勢や取り組み方を高いレベルで保つことに繋がると感じましたし、非常に有意義な時間だ...

    続きを読む

    てんとう虫スタディーグループ 定例会

    先日所属する「てんとう虫スタディーグループ」の 定例会に参加してきました。 今回は自分が司会進行という事で、症例の振り返りや質疑応答を行いました。 発表者は2名で、主にインプラントによる崩壊した口腔機能の再建に関わる内容でした。 1つはバイトアップについて、もう1つはRST(ルートサブマージドテクニック)についてでした。 どちらも経過良好で非常に素晴らしい発表でしたので、 インプラントは適切に応...

    続きを読む

    デンタルダイヤモンド巻頭特集

    デンタルダイヤモンド2019年3月の巻頭特集 『パーシャルデンチャーにおけるオルタードキャスト法を再考する』 にて執筆しました。 「てんとう虫スタディーグループ」から亀田先生、飯田先生、私 の3人でオルタードキャストについて特集を組んでいます。   私のパートは「パーシャルの設計原則 維持・支持・把持」についてです。 オルタードキャスト法やパーシャルの設計について、ご興味のある方は参考に...

    続きを読む

    奥歯のジルコニアセラミック

    ジルコニアの被せ物を装着しました。 元々は噛むと歯が疼くという事で根管治療から再治療を行い、 根管治療(感染根管治療→破折ファイル除去→MTAセメント)→ 土台(ファイバーコア)→ 仮歯→ ジルコニアセラミック と言った一連の流れで本日治療を無事終える事ができました。 歯型を採る際は 通常の歯型(シリコン) コンタクト確認用の歯型(寒天ーアルギン酸) フェイスボウトランスファーとチェックバイ...

    続きを読む

    若手スキルアップセミナー開始されました。

    2019年1月20日 てんとう虫スタディーグループ主催 歯科医師 若手スキルアップセミナーが開始となりました。 今年一年間のコースとなりますが受講者に満足していただけるよう全力で取り組んでまいります。 ...

    続きを読む

    慈恵医大にて形成外科の手術立会い

    1/15は慈恵医科大学病院の形成外科にて、再建手術立会いのため休診とさせていただきました。 また、休診のため医院にご連絡をいただいていた方、電話がつながらず申し訳ありませんでした。   右側の顎骨の再建に向けた術前写真   今回、再建手術立会いで術後のフォローアップのイメージと今後の見通しもつけることができました。 ご協力いただいた形成外科の先生方、ありがとうございました。 ...

    続きを読む

    今年は破折ファイル除去から!

    新年が明けて早々に、破折ファイルの除去を行いました。 根尖病巣がある根管の先に、破折ファイルおよそ3.3mmがあるため 除去しなければ炎症は治りません。 術前、遠心根に破折ファイルを認めます。 形成後、キャビテーション効果で破折ファイル振動させ根管から取り出せました。 術後破折ファイルは除去できています。   術前にCTで破折ファイルの位置を確認し、寺内エンドで習得した根管の内湾側...

    続きを読む

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 12

    カテゴリー