諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    長くなった犬歯の審美改善(root cover +CR)

    歯茎周辺の虫歯治療の際、 プラスチックで治療を繰り返したり ブラッシング圧が過度に強かったりすると 歯が長くなってしまう場合があります。   今回は左上の犬歯の歯茎が長くなり見た目が気になるので改善したいと来院されました。   リグロスと結合組織移植術(歯肉溝切開のエンベロープ形成→懸垂縫合)にて処置を行い 上皮がダウングロースしないセメントエナメルジャンクション付近はCR...

    続きを読む

    デンタルアーツアカデミー 破折ファイル除去

    先日、寺内先生主催のデンタルアーツアカデミー破折ファイル除去コースを受講してまいりました。 一年待ちのコースで、非常に内容の濃い、充実した時間を過ごすことができました。 模型から実際の抜去歯まで全ての破折ファイルを除去することができるようになり、 最後のテストも満点でFirst Prizeを頂くことができました。 今後も、諸隈歯科医院は歯の保存に全力を尽くしてまいります!! ...

    続きを読む

    歯に埋もれた破折ファイルを除去

    感染根管治療をしていて、たまに見つけるのがファイル破折した歯です。 歯の内部をヤスリがけするステンレスの針金が折れてそのままの状態になってしまうことがあります。   器具を歯の内部にそのまま放置されることで根の病気が発症するわけではありませんが もし見つけて根尖病巣があるなら除去した方が好ましいと思います。   必要なのは、CT撮影による情報とマイクロスコープ。 今回、破折ファ...

    続きを読む

    見えない治療から見て行う治療へ

    歯を残すために必要な治療は様々な種類がありますが その中でも根管治療は特に精密さが求められる治療の一つです。   直径1センチ程の歯の内部構造は複雑で盲目的に治療を行なった場合 色々な問題を治療過程で発生させてしまう場合があります。   そのため、近年歯科治療にはマイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡が必要とされる場合が多くなってきています。     &nb...

    続きを読む

    マイクロスコープを使用した歯科治療

    マイクロスコープを使用した歯科治療は今まで見えなかった世界を見せてくれるので新たな気づきがたくさんあります。   今回は、奥からから二番目の歯です。 骨に白く濁った影を認めます。 これは炎症を起こしている証拠です。 術前は、単純に根管内が最近感染していると思っていました。 CT画像では根管内に異物も認めますが、ガッタパーチャと呼ばれるゴム製の薬剤だと思ってい他のですが。。 治療中内部...

    続きを読む

    マイクロスコープを使用したコンポジットレジン修復

    術前の虫歯がある状態 レントゲンで虫歯を黒く認めます。 マイクロスコープにてCR充填を行いました。 マイクロスコープによってさらに質の高い低侵襲の修復が可能となりました。 そして、CR修復のメリットは何より歯を削る量が最小限で済むということ!! これからも患者さんのお口の健康と笑顔のために研鑽を行なっていき決意です!! ...

    続きを読む

    マイクロスコープ、ついに来ちゃいましたっ!!!!

      マイクロスコープの導入率は日本でおよそ5%前後と言われるなか、ついに3年越しの念願だったマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入しました!!   これまでも拡大鏡で治療を行なってきましたが、これからはマイクロスコープ併用で歯科治療に取り組んでまいります。   日本人のような小さい口の中で、高いレベルの歯科治療を緻密に提供するにはなくてはならない機器だと確信してい...

    続きを読む

    カテゴリー