諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    インプラントと同時に骨増生術

    当院は先代からインプラント治療に取り組んで30年になります。 世界的はインプラント治療の方法や材料については一定以上のコンセンサスが得られており 生存率は上顎25年で約95%、下顎で約98%とかなり良い実績が報告されています。 当院でもそれらの論文を基にした手技や術式・材料をもちいてインプラント治療を行っています。 骨増生手術として、ソケットリフトと縮まった顎のボリュームを垂直的に増やすマイナー...

    続きを読む

    インプラント治療を成功させる診断とサージカルステント

    当院が先代からインプラントに取り組み始めて30年、現在も様々な技術革新が日々開発・発表されています。   そんなインプラント治療ですが、治療を成功させる秘訣は術前の診断と術後感染のコントロールです。 今回はインプラントを成功させる秘訣を紹介します。   インプラントの生存率は25年で95%とも言われており高い成功率を維持していますが、人生100年時代に突入しつつあるため、 個人...

    続きを読む

    歯科健診でもわからないインプラント 治療

    半年かけて無事、インプラント治療を終えることが出来ました。 術前の写真です。 左下の第一大臼歯(奥から二番目の歯)が欠損しています。 ここからはマニアックなお話しです。   残根(歯の根)が残っていましたので、抜歯後、上皮の治癒を1ヶ月待ち、骨造成を行ったのち角化歯肉と言われる歯周病による抵抗性や衛生面を高めるために、歯肉弁根尖側移動術を行ないました。 歯肉の形態が安定したのち、写...

    続きを読む

    天然歯と変らない審美インプラント

    当院のインプラント歴はサファイヤインプラント 時代からの30年近くになります。 しかし、医療は日進月歩ですので、そんな中、インプラント治療のさらなる精度向上を目指しています。   近年、ジルコニアといわれる白い金属とも言われるセラミックの開発研究で、衛生面・強度共に良好なインプラントができるようになって来ます。 そこで、最近はスクリューホールと呼ばれるネジ穴を隠したインプラントを行うよう...

    続きを読む

    歯科検診にひっからない見た目も綺麗なインプラント治療

    今年最後のインプラント治療が終わりました。 見る人が見ればわかると思いますが、どれがインプラントした歯かわかりますか?   答えは糸切り歯(犬歯)の一つ右です。 インプラントはどうしても噛み合わせる部位にネジ穴が出てしまう構造が多く使われています。 それは接着剤やインプラント自体の強度や構造に依存するものです。   しかし、せっかくインプラントを行うのであれば、天然歯のよう...

    続きを読む

    スタディーグループISI(旧茨城インプラント研究会)

    H29年10月29日 スタディーグループISI(旧茨城インプラント研究会)主催の講演会に出席してきました。 講師は5ーDジャパンの石川知弘先生(石川歯科・浜松市)、歯科技工士の中島清史(KNデンタルラボラトリー)の御二方です。   歯科医師になって9年、石川先生のご講演は6年ほど前に聴いたことがあり、その時の衝撃は今でも忘れません。 まるで天然歯のような綺麗な歯をインプラントによって再...

    続きを読む

    あなたが諦めなければ私も諦めない

    当院はインプラント治療を始めて30年以上、歯を失った時の最善はインプラント治療だと確信しています。 しかし、インプラントも天然の歯には敵わないと考えています。 特に歯ブラシがうまく行えない方や重度の糖尿病の方には免疫応答に関してインプラントは弱いと考えています。 そこで、歯を残すか、噛み合わせを回復させるかで患者さんごとに判断は異なってきますので一概に言えませんが、歯を残せる選択肢があるのであれば...

    続きを読む

    カテゴリー