諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    歯の異物除去から被せ物まで。


    歯科治療は単に虫歯を取るだけではありません。

    歯の内部で起きている細菌感染が周囲の骨まで広がっている場合は、

    感染を除去し緊密に封鎖、歯を傷つけないための土台を立てて蓋として被せ物を装着します。

    術前

    術後

     

    こちらの症例は、他院で根管治療(歯の内部を洗浄にする治療)が長引き症状が治らなかった方です。

    術前のレントゲン写真、CT撮影にて歯の周囲の骨は白く濁っており硬化性骨炎の症状を認めます。

    また歯の内部には、ファイルと呼ばれる歯科治療器具が取り残されていることが予想されます。

    まずは被せ物を外して内部を観察。

    かなり虫歯で内部がボロボロでした。

    銀歯の被せ物や詰め物はしばらくすると材料の強度等の問題で大抵の場合、内部で虫歯が広がっていることが多いです。

    治療を進めると、歯の内部に金属製の器具が取り残されていました。

    本来、歯科治療で用いられる金属性の道具はステンレスやチタンなどの錆びにくい素材でできているのですが、こちらはなぜか中で大きく錆び付いていました。

    慎重に歯を傷つけないよう注意しつつ入念に歯の内部を洗浄し、バイオセラミックにて根管充填をしファイバーコアにて土台を立てました。

    左下は歯周病も若干併発していましたが、歯周基本治療にて健康な歯茎を取り戻すことができています。

    最後はジルコニアボンドと呼ばれるセラミックの被せ物で左右の歯の治療を終えることができました。

    経過良好で、患者様には治療結果と着実に進む治療に満足していただくことが出来ました。

    カテゴリー