諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    審美と機能を持ち合わせたCR修復


    CR修復は当院の強みの一つでもあります。

     

    以前からブログでも書いていますが

    CRの強みはブラッシングしてプラークコントロールさえ出来ていれば

    歯の保存と金属アレルギーのリスク軽減の観点で非常に有効な処置だと思います。

     

    今回も金属修復の内面および境目が二次虫歯になったケースです。

    この金銀パラジウム合金は世界中でも日本だけ戦後の経済事情から使用されてきた金属修復で

    本来はゴールド修復が適合面や歯の保存、金属アレルギーの観点から有効とされています。

    ただ、金合金はセラミックの発展とともに使用頻度が減少しているのが現状です。

    銀歯は硬すぎたりコスト面から適合が悪くなりやすく、このように歯ごと銀歯がかけた場合、虫歯になるリスクが高くなります。

    しかし、今回は幸いなことに失活歯デアありましたが根尖病巣が認められなかったため

    銀歯を除去しCR修復のみで対応できると判断しました。

     

    銀歯を除去すると二次虫歯と劣化した接着剤が入り混じっていることが確認できます。

     

    コアを残したままでしっかり虫歯が除去できたか確認します。

    最終的にCR修復を終えた後です。

    咬合も問題なく、歯の削りを最小限に治療を終えることができました。

    カテゴリー