諸隈歯科医院

043-241-0431

  • 〒263-0042 千葉市稲毛区黒砂1-15-1

諸隈歯科医院

MENU
  • ホーム
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • ブログ

    blog

    奥歯のジルコニアセラミック


    ジルコニアの被せ物を装着しました。

    元々は噛むと歯が疼くという事で根管治療から再治療を行い、

    根管治療(感染根管治療→破折ファイル除去→MTAセメント)→

    土台(ファイバーコア)→

    仮歯→

    ジルコニアセラミック

    と言った一連の流れで本日治療を無事終える事ができました。

    歯型を採る際は

    通常の歯型(シリコン)

    コンタクト確認用の歯型(寒天ーアルギン酸)

    フェイスボウトランスファーとチェックバイトにて咬合の管理

    色調は手前の歯が銀歯でしたので、今回はある程でこちらで決めさせてもらいました。

    咬合の管理はトリオスで、より患者負担軽減と簡便化させていく予定です。

     

    歯肉の形態は少し下がっているように思えるかもしれませんが

    セメントアウトを行いやすくするためオーバーカントゥアとし

    今後は徐々にセラミックの位置まで上がってくると思います。

     

    患者さんには、治療は終了しましたが、ここからがスタートでスト伝えています。

    どんなに綺麗に作った汚れの付きにくいセラミックとはいえ

    日頃のブラッシングが上手くいかなければ長持ちはしません。

    歯ブラシは一日何回するかではなく「一日最低一回100%磨きができているか」です。

     

    歯科に限らず医療の重要性は

    治療<予防

    であると認識しております。

     

    カテゴリー